コエンザイムQ10で悩み解消

どのような方に向いている?コエンザイムQ10を摂取した方がいい人

アンチエイジング効果と生活習慣病予防への作用など、さまざまな効き目を持つコエンザイムQ10。体の酸化を抑える抗酸化作用は、おおくの方に知られていますが、実際にはどのような方に向いているのでしょうか。

ここでは、コエンザイムQ10が持つはたらきを取り上げ、習慣的に摂取した方が良い人の特徴をご紹介します。

コエンザイムQ10の生成量が減少する中高年層の人

抗酸化作用で活性酸素を抑えるはたらきを持ち、生きるための必要なエネルギーを効率よく生産させるコエンザイムQ10は体の中で作られています。

体内の生成量は、20代をピークに減少をはじめ40代では半分にまで低下。このため、「体力が落ちた」や「なかなか回復しない」という声が聞かれる中高年層の人が、生活の中へ意識して取り入れていくべきでしょう。


体力や肌の衰えを感じはじめた人に適しているコエンザイムQ10の成分ですが、20代の方が使用しても問題はありません。体内の生成量が最もおおい年代ではありますが、個人差もあるため、健康管理や体調維持の目的に活用できます。

30代に入ったばかりでは、体力の低下や気力の衰えを感じることは少ないでしょう。しかしながら、基礎代謝の低下は30代を過ぎたころから徐々にはじまります。体内のコエンザイムQ10を不足させないためにも、サプリメントで補給する習慣を持つことが大切です。

スタイルが気になるダイエット中の人

炭水化物や脂質などの食べ物から、生きていくためのエネルギーを作り出す効果がコエンザイムQ10にはあります。脂肪を燃やすこのはたらきは、食事で摂取したものだけでなく、体に蓄積した脂肪にも同じように作用。

ダイエットを意識している人には最適な成分です。また、エネルギーを効果的に作り出しているため、疲労を回復させる役割も担っています。

健康管理・体調維持を心掛けている人

健康食品として広く知られるまで、コエンザイムQ10の成分は心臓疾患の薬として利用されていました。日本のみならず世界中で使用され、大きな成果を収めています。

このため、一般的なサプリメントも心筋梗塞や心不全などに効果があると解釈されているケースがありますが、あくまでも示唆されている状態です。薬と比べて成分の純度も異なるため、代用は好ましくありません。

もちろん、体のエネルギーを作るはたらきや優れた抗酸化作用を持つため、血行不良を改善、むくみや冷え症の解消に効果を発揮します。日ごろから、健康管理や体調維持を心掛けている人は、積極的に取り入れるべきでしょう。

ページのトップへ戻る