コエンザイムQ10で悩み解消

エネルギー生産効果・コエンザイムQ10のもう一つのはたらき

コエンザイムQ10といえば体の酸化を抑える抗酸化作用が有名です。アンチエイジングの有効成分をサプリメントで摂取している方も多いことでしょう。それでは、もう一つのはたらき、エネルギーを効果的に生産させる作用についてはご存知でしょうか。

エネルギー生産効果を向上させるコエンザイムQ10のはたらき

約60兆個もある人の細胞の中に存在する小さな器官「ミトコンドリア」。そこでは、脂質や糖質などの栄養素を原料に、人が活動するときのエネルギーのもとになるATP(アデノシン三リン酸)が作られます。

このATPが分解されるときにエネルギーが発生します。それにより毎日健康に活動することができます。

ミトコンドリアを活性化させるコエンザイムQ10

コエンザイムQ10の成分は、ミトコンドリアの働きを活性化させ、よりたくさんのエネルギーを生産させます。ATPはコエンザイムQ10がなくても作られますが、コエンザイムQ10が不足すると生産効率は下がり、十分なエネルギーを得ることはできません。

そのため、コエンザイムQ10が不足するとすぐ疲れたり、なかなか回復しなかったりと元気な毎日を過ごすことに支障をおこす可能性があります。快活な生活のためにも、コエンザイムQ10の不足には注意が必要です。

ダイエットや病気予防につながるエネルギー生産効果

摂取したタンパク質や炭水化物、脂肪が原料となるコエンザイムQ10のエネルギー生産効果は、ダイエットや生活習慣病予防にもプラスに作用します。

エネルギーの上昇により基礎代謝が上がると、蓄積した脂肪や糖分を燃焼されやすくします。このため、健康的なダイエットにくわえて、メタボリックシンドロームや糖尿病の予防効果へとつながります。

年齢とともに減少、継続的な摂取がポイント

コエンザイムQ10は体の中で作られる成分のため、つねに抗酸化作用やエネルギー生産効果を発揮していると思われがちですが、加齢にともない生成量は減少。ピーク時の20代にくらべ、40代に差しかかると生成は半分へと低下します。

体内のコエンザイムQ10が不足していると、体に必要なエネルギーも老化を予防する抗酸化作用も得ることはできません。基礎代謝が低下する、肌の荒れを感じる中高年層こそ日々の補給を心掛けるべきでしょう。

効果的なコエンザイムQ10摂取のためサプリの活用

欠乏していくコエンザイムQ10は、日常の食事により補給することは可能です。しかしながら、食べ物に含まれている量は少ないため、充分に効果をあらわすことはできません。より成分が濃縮されたサプリメントの活用が効果的です。

ページのトップへ戻る