コエンザイムQ10で悩み解消

コエンザイムQ10のもつ抗酸化作用・活性酸素を抑え若々しい体を保ちます

酸化による細胞の老化は、不健康な肌やさまざまな病気を引き起こす原因です。コエンザイムQ10は、体の細胞を若々しく保つ抗酸化作用のはたらきで注目され、サプリメントに限らず基礎化粧品にも使用されています。

酸化を進める活性酸素とは、抗酸化作用とはどのようなものか、コエンザイムQ10の色々についてご紹介します。

体内で作ることができ優れた抗酸化作用をもつ栄養素

コエンザイムQ10は、体の中でエネルギーを作る酵素のはたらきを助ける補酵素の一つです。ビタミン様物質とも呼ばれ、ビタミンと同じ効果をもつ栄養素ですが、体内で作ることができる点がビタミンとことなります。

おおくの方から関心を集めているのは、その優れた「抗酸化作用」です。ビタミンCやビタミンEよりも抗酸化の成分効果は高く、アンチエイジングや生活習慣病を改善するはたらきを期待されています。

ふだんの生活の中で活性酸素が発生・体の細胞を老化

肌の荒れや健康を損なう細胞の酸化は、生活の中で発生する「活性酸素」が原因です。
ふだん無意識におこなっている呼吸。生きていくために欠かすことはできませんが、このとき取り込まれた酸素の一部が活性酸素となり、細胞を酸化し老化を進めます。

喫煙や飲酒などの生活スタイルや紫外線を浴びることでも、活性酸素が増加することが知られており、加齢も原因の一つです。

細胞のサビと表現されるほど、酸化は体に悪影響を与えます。いつまでも若々しいコンディションを保つためにも、コエンザイムQ10の抗酸化作用に期待がもたれています。

コエンザイムQ10がもつ抗酸化作用のはたらき

ここでは、さまざまな抗酸化作用を詳しくご紹介します。

活性酸素に作用するアンチエイジング効果

強い抗酸化の成分で酸化を抑えるため、細胞の老化を防ぐアンチエイジング効果を得ることができます。また、紫外線が原因による活性酸素にもはたらきかけるため、肌のおとろえをカバー。

生活習慣病をはじめとする色々な病気を予防

糖尿病や高血圧などの生活習慣病をはじめ、がん、動脈硬化など活性酸素が原因と考えられる病気を「活性酸素病」と呼びます。コエンザイムQ10の抗酸化作用は、血中のコレステロールの酸化を防ぐなど、色々な病気の発症予防につながります。

減少する生成量・年齢にあわせた補い方が必要です

コエンザイムQ10は体内で作られる以外にも、肉や魚など食べ物から吸収することができます。それでは、なぜ基礎化粧品やサプリメントで補う必要があるのか不思議に感じる方もいるでしょう。

これは、食べ物から摂取できる量が極めて少ないためと、体内による生成が20歳前後をピークとして、年齢を重ねるにともない減少するためです。

一般的に30代を過ぎた頃からはじまる基礎代謝の低下。また、仕事のストレスや家事の疲れは、生活習慣病や肌の老化へと結びつきます。これらの予防として、化粧品やサプリメントを通し体にコエンザイムQ10を補うことが必要です。

副作用はあるの?服用の注意ポイント

もともと体内で作られている成分のため、副作用の心配は基本的にありません。しかしながら、効果を求めるため大量の摂取することは好ましくなく、安全性の心配もあるため控えるべきです。

アレルギーなどの体質によっては、まれに胃腸の不調や発疹、軽度の動悸などがおこるケースが確認されており、万が一症状がでた場合には服用を中止。

コエンザイムQ10は医薬品ではないですが、薬との飲み合わせには注意が必要です。高血圧の薬と抗凝固剤のワーファリンとの併用は効果を妨げるため、服用を避けることを心掛けます。

服用に際して、一日あたりの目安が記載されていますが、適量には個人差があります。体の状態にあわせ、一錠から徐々に増やしていくことが自分の適量を知るポイントです。

習慣で取り入れることが健康的な若さを保つ秘訣

抗酸化成分により、細胞の酸化を抑えるコエンザイムQ10。体内で作ることができる栄養素ですが、年齢とともに生成量が減少します。細胞の老化は、美容と健康にマイナスの影響しか与えません。

いつまでも若く健康的でいるための秘訣は、継続的に取り入れることが大切です。

ページのトップへ戻る