コエンザイムQ10で悩み解消

コエンザイムQ10・代謝促進を促す二つの特徴

代謝機能の十分なはたらきが、細胞を活性化させ若々しい体を保ちます。そのためには、しっかりと代謝を促進させることが必要です。

アンチエイジングや抗酸化作用、血行不良の改善のほかに、代謝を促進させる効果も知られているコエンザイムQ10。代謝機能の促進は、どのようなプロセスでおこなわれているのでしょうか。

代謝を促進させるコエンザイムQ10の特徴

コエンザイムQ10の特筆すべき点は二つ、エネルギーの生産効果を向上させるはたらきと、優れた抗酸化作用です。それぞれに特徴があるため、独立したはたらきと思われがちですが、相互作用により健全な代謝促進の効果を得ることができます。

ミトコンドリアの活性による代謝の促進

全身の細胞内に存在するミトコンドリアは、生きるために欠かせないエネルギーを生成する器官です。コエンザイムQ10のはたらきは、ミトコンドリアを活性化させ、エネルギーの生産を向上させる作用です。

体内にある炭水化物や脂質を原料として、ミトコンドリアはエネルギーを作ります。活性化を促されることで、体に蓄積した脂質などがより多く燃焼し代謝が促進します。

反対にコエンザイムQ10の成分が少なければ、効率の良いエネルギー変換はおこなわれません。当然、代謝も進まないため、余分な脂肪の蓄積につながります。

細胞を若く保つ抗酸化作用のはたらき

血行不良を改善するコエンザイムQ10の効果は、細部まで血流を行き渡らせるため、各細胞の活性化と代謝効率の向上につながります。

コエンザイムQ10の抗酸化作用は、細胞を傷つける活性酸素の働きを抑え、細胞の老化を防ぎます。
コエンザイムQ10が血管をはじめとする各器官のコンディションは良好に維持。
血液や栄養素は体のすみずみまで運ばれるため、効果的な代謝が期待できます。

代謝促進によるさまざまなメリット

コエンザイムQ10による代謝促進で得られる効果には、次のものが挙げられます。

生活習慣病予防の効果

代謝が促進されるほど、脂肪がエネルギーに変換されるためダイエット効果が上昇。蓄積された脂肪分にかぎらず、血液中の脂質や糖質も同じく変換するため、メタボリックシンドロームや糖尿病につながる肥満体質を予防します。

皮膚細胞の活性化による美肌効果

代謝が促進されることで血液の循環も良好となり、各細胞の活性化を促す。皮膚細胞においては、皮膚の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)が早くなるため、シミやクスミできにくくなる、美肌効果が期待できます。

ページのトップへ戻る