コエンザイムQ10で悩み解消

酸化型と還元型どちらがお勧め?コエンザイムQ10の種類について

疲れ、肌荒れなど、さまざまな体のトラブルにはたらきかけるコエンザイムQ10。抗酸化作用や基礎代謝の向上など健康維持には欠かせない成分です。

もともと体内で作られている成分ではありますが、年齢を重ねると共に生成量は低下します。そのため、サプリメントによる補給が必要ですが、コエンザイムQ10には「酸化型」と「還元型」の2種類があることをご存知でしょうか。

コエンザイムQ10それぞれの型の特徴

同じコエンザイムQ10とはいっても、酸化型と還元型では体に取り入れたときの吸収性に違いがあります。そのため、アンチエイジングや体調維持を目的にサプリメントを摂取しても型の違いにより効果の出方が異なります。

ここからは、それぞれの特徴を紹介。はたらき方を知ることで、有効に活用することが可能です。

酸化型コエンザイムQ10の特徴

気軽にとれるサプリメントとして、コエンザイムQ10が発売された当初は酸化型が多くを占めていました。生産コストが抑えられるため、求めやすい価格で購入できますが、体内に吸収されるまでに時間がかかる特徴を持ちます。

吸収までに時間を必要とするのは、酸化型のままでは体内に取り込めないためです。酸化型は小腸で分解、還元型へと変化することで効果を発揮しますが、それまでに時間とエネルギーが必要です。

吸収効率が悪いため、代謝機能が低下している中高年層の方、スポーツをはじめとするエネルギーを多く使う方には適してはいません。

還元型コエンザイムQ10の特徴

還元された状態で体内にはいるため、無駄なく成分を吸収することができます。酸化型のように、還元するまでの時間とエネルギーを必要としない効率の良さが特徴です。

しかしながら、還元型コエンザイムQ10の製造には生産コストがかかるため、設定価格が高めのサプリメントが一般的であることは心得ておきましょう。

年齢を重ねると、酸化を還元する力が弱くなるため、中高年層の方には適しているタイプです。

どちらのコエンザイムQ10サプリメントが良いのか

それぞれに長所、短所はありますが、より効果的にコエンザイムQ10のメリットを実感できるのは還元型です。購入価格が比較的高いという要素はありますが、吸収までの時間とエネルギーのロスを考えれば、トータル的には良いといえるでしょう。

年齢的にアンチエイジングや生活習慣病予防に関心のある方、ふだん多くのエネルギーを使う方には還元型が適しています。

還元するための過程を必要とする酸化型ですが、求めやすい価格設定は継続的に続けるためには魅力的です。還元が十分にできる20代の方が、美容や健康維持のために使用するのは問題ないといえるでしょう。

しかしながら、低価格設定の酸化型でも、極端に安価なサプリは安全性の問題もあるため、安易な購入は好ましくありません。

ページのトップへ戻る