コエンザイムQ10で悩み解消

三つの言葉の意味を持つコエンザイムQ10の名前の由来

ふだんの愛用しているサプリメントの特徴や効き目には詳しい方でも、その名前の由来となると、よく分からないという場合があります。

アンチエイジングや健康管理、体調維持の効果で知られるコエンザイムQ10。気軽に摂取できるサプリメントとして、おおくのユーザーに支持されています。

ここでは、コエンザイムQ10の名前の由来についてご紹介します。

名前の由来を構成する三つのワード

コエンザイムQ10の名前は、協調や補助を意味する「コ」、酵素をあらわす「エンザイム」。「Q10」は個数を示すQuantityからきており、10個の炭化水素(イソプレン)が連なっていることを表現しています。

つまり、これらのワードから構成されるコエンザイムQ10の名前は、「10個の連なる炭化水素で作られた補酵素」という意味です。

酵素のはたらきを助ける補酵素

エンザイム(Enzyme)は、酵素や体内酵素を示し、食べ物から取り入れた栄養素を消化と吸収。体の組織づくりや、老廃物を体の外へ排出する代謝機能のはたらきを促します。

酵素をあらわすエンザイムに、補助を意味するコ(CO)がつくことで酵素のはたらきを助ける「補酵素」という意味になり、さまざまな酵素の作用を活性化させる役割を担います。

タンパク質や脂質などのように、直接的な栄養素ではありませんが、活力あふれる健康的な生活をおくるために欠かせない成分です。

炭化水素が10個にわたり連なる意味とは

コエンザイムQは、「キノン」と「イソプレン」から構成され、Qの後に示される数字はイソプレンの化学構造の違いをあらわしています。

Q6~Q9は稲や大腸菌、Q10は人間以外に牛やネズミなどの生物に存在します。数字が大きいほど炭素の濃度も濃くなるため、体にはたらきかける作用も増加します。抗酸化作用やエネルギー生産効果の向上の効果が得られるのも、濃度の高さによるものです。

キノン・Qをあらわす別のワード

コエンザイムQ10のQは、個数を示すQuantityが由来と紹介しましたが、構造をあらわすキノン・Quinoneから用いたという説もあります。これは、コエンザイムQ10が持つ特徴との関係が挙げられます。

コエンザイムQ10の別名は「ユビキノン・ubiquinone」といい、どこにでも存在するという意味です。コエンザイムQ10は体内のあらゆる細胞に存在していることから、コエンザイムQ10の名前や化学構造が決定する前によく使用されていました。

名前それぞれの由来に違いはありますが、明確に使い分けられることはあまりありません。

ここでは、コエンザイムQ10の名前の由来をそれぞれのワードから紹介しました。ワードにより解釈の違いはありますが、由来は「10個の連なる炭化水素で作られたキノン型の補酵素」と覚えておきましょう。

ページのトップへ戻る